もし、このバイリンガル育成プログラムの驚きの効果を知りたいなら2週間後に字幕なしで映画を見て下さい!22年間に渡り2,000人以上の日本人をバイリンガルに変身させた世界トップレベルの英会話マスタープログラムを遂に公開!

能力試験(TOEIC) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

国際コミュニケーション英語能力テスト(こくさいコミュニケーションえいごのうりょくテスト、Test of English for International Communication、通称「TOEIC(トーイック)」)は、英語を母語としない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験である。

試験問題は米国のETS(Educational Testing Service:教育試験サービス)により作成される。 

■概要

試験は約90ヶ国で実施され、年間延べ約500万人が受験している。日本では年8回実施され、受験者数は、2009年度は年間約168万人となっている[1]。

試験は、聞き取り (Listening) 100問と読解 (Reading) 100問の計200問の構成となっている。設問は、身近な事柄からビジネスに関連する事柄まで、幅広くコミュニケーションを行う能力を測る目的で作られている[2]。試験問題は各国共通である。

評価は、聞き取りと読解でそれぞれ5?495点の間で5点刻みで行われ、合計の10?990点が総合的なスコアとして認定される。これらは素点による絶対評価ではなく、Equatingと呼ばれる方式を用いて統計的に算出される[1][3]。これにより、各回で問題の難易度に多少の差があっても、受験者の英語運用能力が同等であればスコアに大幅な変化は生じないとされている。

合否判定はなく、受験時におけるスコアを認定する制度を採用している。受験後には「Official Score Certificate(公式認定証)」が発行される。なおこの公式認定証に有効期限は設定されていない[4]。

TOEICには2つの形式があり、1つは個人に対して実施され、ETSによりスコアが正式に認定される「公開テスト (Secure Program Test: SP Test) 」、もう1つは過去の公開テストで出題された問題を使って企業や学校等の団体で随時実施される「IPテスト(Institutional Program:団体特別受験制度)」である。

非英語圏では、雇用や人事評価の際にスコアを用いる例がある。日本の大学や大学院では、実用英語技能検定(英検)やTOEFLと同様に、受験生の英語運用能力の判定材料に用いられることがある。フランス語圏の大学のビジネススクールでは、入学や卒業の要件としてTOEICスコアの提出を課しているところがある[5][6]。

30日間ただ繰り返し聞くだけであなたも英会話力もアップします!

教材イメージ

通勤時間やクルマの運転中などのスキマ時間に30日間ただ繰り返し耳に入れるだけ!
ネイティブの「耳」と「発音力」を同時にマスターできる英会話上達教材です。

メニュー

英会話wiki

能力試験について

当サイトについて

Yahoo!ブックマークに登録