もし、このバイリンガル育成プログラムの驚きの効果を知りたいなら2週間後に字幕なしで映画を見て下さい!22年間に渡り2,000人以上の日本人をバイリンガルに変身させた世界トップレベルの英会話マスタープログラムを遂に公開!

英語wiki(文字・発音) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

■文字

英語は通常ラテン文字によって記述され、以下の26文字全てを用いる。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z

ヨーロッパの他の多くの言語と異なり、ダイアクリティカルマークはほとんど用いない。 手書き時は、アルファベットが連なる筆記体が以前は主流だったが、現在は署名(サイン)を除いて読みやすさなどの観点からブロック体が主流である。

英語においては多くの文字が複数の発音を持っていて、綴りと実際の発音の食い違いも大きい。

■発音

英語の発音と綴りの間の関係は、他のヨーロッパの言語と比べると一貫性に乏しい。これは主に中英語時代である15世紀初頭に始まり、近代英語初期である17世紀初頭に終わった大母音推移という現象が関係する。それ以前はnameはナーメと、timeはティーメと綴り通り発音されていた(というよりも発音どおりに綴られていた)が、ネイムやタイムという発音に変化したにも関わらず、neimやtaimなどと綴りが変更されることはなかったため、現在まで英語学習者を悩ませている綴りと発音の“不一致”及び“規則性の低さ”が起きている。以下に発音規則を示すが、例外も多い。このことは、英語が他のヨーロッパ系言語から単語を借用する際に、多量の単語を元のつづりとあまり変えずに借用したことも起因している。

これから、あなたの聴覚を集中的に鍛えるための方法をお話します!

教材イメージ

通勤時間やクルマの運転中などのスキマ時間に30日間ただ繰り返し耳に入れるだけ!
ネイティブの「耳」と「発音力」を同時にマスターできる英会話上達教材です。

メニュー

英会話wiki

能力試験について

当サイトについて

Yahoo!ブックマークに登録