もし、このバイリンガル育成プログラムの驚きの効果を知りたいなら2週間後に字幕なしで映画を見て下さい!22年間に渡り2,000人以上の日本人をバイリンガルに変身させた世界トップレベルの英会話マスタープログラムを遂に公開!

英語wiki(概要) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

■「英語」という呼称

「英語」の「英」は、イギリスを意味する中国語「英吉利」の「英」である。同じような成立の語に、「仏語」(<仏蘭西語)「西語」(<西班牙語)などがあるが、現代日本では「フランス語」「スペイン語」といった呼称がより普及している。一方、英語は、「英吉利語(いぎりすご)」という呼称もあったが、すでに廃れ、「英語」という呼称が普及している。

■現況

現在、イギリス全体としての国家語は英語であるが、イギリスに含まれるウェールズやスコットランド、北アイルランドでは英語以外の言語話者もいる。またイングランドでも、移民コミュニティなどではそれぞれの母語が使われている[要出典]。

20世紀中盤までイギリスが多くの植民地を抱えていたことが、英語話者数の増加の要因となった(大英帝国参照)。イギリスの採った植民地政策は間接統治であった。つまり、エリート層をイギリス本国で教育させ、それぞれの植民地へ送り返した。上層階級であるエリート層はみな英語で教育を受けたため、植民地行政では英語が支配的となり、独立後もこの状態が続く。かくして、旧イギリス領(現在その多くはイギリス連邦に加盟している)では法律が英語で起草されており、それによって公的に(政治・経済・教育で)使われるようになり、イギリスとこれらの地域の共通語になった。

第二次世界大戦後、イギリスは徐々に国際政治での影響力を弱めていくが、かつて英国が植民地を建設した土地であり、また同じ英語を使用する国でもあるアメリカ合衆国が強い影響力を持つようになり、結果として英語が有用な外国語として世界に広く普及することになった。

この現況に対しては、世界中の非英語圏地域においてさまざまな反発が存在し、スペイン語圏では特に顕著な反英語感情が見られる。日本にも存在する反英語思想家の主張によると、「自然言語」の一つに過ぎないただの英語という言語が、これほどまでに高い国際的地位を保ち続け、頑としてゆるがせにしない現在の状況は、イギリスやアメリカといった経済的超大国による国際支配の歴史を浮き彫りにするものであり、また世界の非英語国(特に発展途上国)への差別(特にその文化に対する差別)を助長するものである、という。さらには、そうした途上国の文化を滅ぼすおそれがあるとまで考える者もいる。それらの批判に対する解決策としては、「国際語」向けに作られた人工言語(現在のところエスペラントが最有力)に地位を与えることが考えられるが、「英語の地位を落とすに足る積極的理由もなしに、『国際語』をわざわざ変える必要はない」「(英語が既にこれほどまでに普及し強く根づいている現状において)変えるとなると世界的な混乱や波紋を呼ぶことになる」などの反論があるほか、世界の反英語活動家はあまりに少なく、目立った活動をできていない。経済、社会、文化など様々な分野でグローバル化が進み、「国際共通語」としての英語の重要性は高まりつつある。

これから、あなたの聴覚を集中的に鍛えるための方法をお話します!

教材イメージ

通勤時間やクルマの運転中などのスキマ時間に30日間ただ繰り返し耳に入れるだけ!
ネイティブの「耳」と「発音力」を同時にマスターできる英会話上達教材です。

メニュー

英会話wiki

能力試験について

当サイトについて

Yahoo!ブックマークに登録