もし、このバイリンガル育成プログラムの驚きの効果を知りたいなら2週間後に字幕なしで映画を見て下さい!22年間に渡り2,000人以上の日本人をバイリンガルに変身させた世界トップレベルの英会話マスタープログラムを遂に公開!

英語wiki(各国における事情) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

英語を母国語としている人は世界人口の4.68%で、第1位の中国語(13.22%)と比べかなり少ない[3]。しかし公用語人口としては英語が世界一である[4]。 意思の疎通が可能な国や地域を考慮すると、英語は世界でもっとも広く通用する言語と考えられている[5]。EUでは、学校でもっとも学ばれている外国語である[6]。英米の影響などで英語が国際共通語として使われるようになったこと、商業言語として確立したこと、科学技術を伝達する主要な言語となったこと、さらにパソコンやインターネットの普及で英語を元に作られたプログラミング言語やマークアップ言語の需要が高まったこともあり、第二言語 (English as a Second Language; ESL) として用いる人口は約4億人に上る。外国語 (English as a Foreign Language; EFL) として英語を学習・使用する人も多い。そのため、世界各国でイギリス方言・アメリカ方言などの英語の枠組みを超えた「新英語」が出現するようになった。

■イギリスの英語事情

イギリスには、「容認発音(Received Pronunciation/RP、BBC English、Queen's Englishなど様々な呼称がある)」という伝統的な標準発音を用いた標準英語があったが、最近では「河口域英語 (Estuary English)」が新しい標準語として登場した。

英語以外に先住民族であるケルト民族の言語(ウェールズ語・ゲール語など)が話されている。イングランドによる同化政策を経てケルト諸語話者は激減したが、現在はウェールズ語などの復興策もとられている。

■アメリカの英語事情

アメリカ合衆国もフランスと同様に、国家の公用語に関する法的な文章が存在しない。ただし州レベルでは英語を公用語とする州や英語とスペイン語を公用語と明文的に定める州もある。初期の頃は西ヨーロッパ系(特にゲルマン系)の移民が多く、英語優位の状況が確保されていたが、次第に東欧・南欧系が増え、さらにアジア・中南米(ヒスパニック問題を参照のこと)からの移民が大量に押し寄せてくると、英語の地位が揺るぎかねないといった風潮が英語話者(アングロ・サクソン系)の間で生まれてくる(イングリッシュ・オンリー運動)。

いずれにしても英語が国家の言語(国語)として通用しているのは事実で、教育の分野においては「バイリンガル教育かモノリンガル教育か」といった趣旨の問題がたびたび持ち出される。

■カナダの英語事情

カナダは元英領植民地であった地域だが、その英領植民地にそれ以前はヌーベルフランスであり、今でもフランス語が使われ続けているケベック州があることから、カナダ全体の公用語として英語とフランス語の両方が制定されており、連邦政府のサイトや企業の商品説明などは全て英仏両言語で行われている。また、アメリカ合衆国が隣に位置していることから、旧英領であるとはいえ、オーストラリアやインドなどほかの旧英領植民地とは違い、比べるとカナダの英語はイギリス英語よりもアメリカ英語に近いが、単語の綴りとしてはイギリス英語式を採用することが多い。ケベック州ではフランス語が公用語であることから、英語を母語とせず英語運用能力が高くない人も少なくないが、ケベック州以外ではほとんどフランス語が使われないこともあり、カナダ英語におけるフランス語の影響は皆無に近い。

■オーストラリアの英語事情

現在オーストラリアで話されている英語は、イギリス英語が訛ったものである。訛りは比較的強いが[7]、アメリカ英語程変化は激しくなく、オーストラリア映画などは他の英語圏でもイギリス英語を理解できるものなら分かる。

これから、あなたの聴覚を集中的に鍛えるための方法をお話します!

教材イメージ

通勤時間やクルマの運転中などのスキマ時間に30日間ただ繰り返し耳に入れるだけ!
ネイティブの「耳」と「発音力」を同時にマスターできる英会話上達教材です。

メニュー

英会話wiki

能力試験について

当サイトについて

Yahoo!ブックマークに登録